空色の本

foochan.exblog.jp
ブログトップ

おしるこ

島根に住んでいる伯母の喫茶店では,
毎年恒例の『鏡開き』で,御餅の入った
おしるこをふるまうらしい.

『鏡開き』(大辞林より)

正月に神や仏に供えた鏡餅をおろし,
雑煮や汁粉に入れて食べること.
正月11日に行うところが多い.

とのこと.

28年間もやっているのに,
わたしは一度もこの日にお店に行ったことがない.

いつかは食べてみたいなと思っていたら,
伯母から,「おしるこ&御餅のおすそ分けを送ります」と
メールが入った.

今日,それが届き,凍らしたクール宅急便でやってきた.
早速,開けてみると,中には,
それ以外に,ケーキもたくさん入っていた.

縁起物を,年始に食べると,今年も元気で過ごせそうな,
しあわせな気持ちになる.

味も,わたし好みで,とてもおいしかった.
もちろん,ケーキもおいしかった.
やはり,珈琲に合います♪

小さな夢がかなった喜びに今日はひたりました.

本当にうれしいおすそ分けでした♪

b0048133_2249326.jpg

[PR]
by sorairobook | 2005-01-13 23:02 | おいしいもの・レシピ