空色の本

foochan.exblog.jp
ブログトップ

玄米のこと

玄米食は、とても体にいいらしい。

玄米を食べると、「食べたー!」という満足感があるし、甘くておいしい。

わたしの通っていた料理教室は、鍋で玄米を炊くというところで、
食材も無農薬なものとか、厳選されたものを使っていました。

本当は、生活の中に玄米を取り入れたかったのですが、
ストレスからか、だんなさんの胃が玄米を受けつけないということで、
しばらく様子を見ることにして、おかずだけマクロビオティックをしていました。

きのう、玄米の食べ物でオーリングをしてみてOKだったので、
これからは、ちょっとずつ取り入れていこうかなと思っています。

で、さっそく、無農薬の玄米を売っているところをネットで探していて、
ふつうの炊飯器で炊けるものを見つけました。『佐野米店

胃が弱っているときは、玄米粥にしてもいいということを人から聞いていたので、
初めは、こういう少しだけ磨いたタイプの玄米から
慣らしていくといいかなと思い、注文してみました。

まだ、届いてませんが楽しみです♪

b0048133_2374522.jpg




オーリングは、自分に合った石を見つけたりするのによいテクニックですが、
食べ物とかにも、役に立っています。

あたまでいいわるいと判断するのではなくて、
「体に聴いてみる。。。」といった感じの方法です。

左手が、「受けとる手」なので、左手のひらに『食べ物』をのせます。
右手は、手のひらを上に向けて、人差し指と親指をぐっとくっつけます。

その人差し指と親指を、誰か他の人に指を離すように引っ張ってもらいます。

必要のないものだと、ぱっと離れてしまいますが、
必要なものだと、なかなか離れません。

ものをのせていないときの、指の離れる状態を知ると、
感覚的にわかるようになってきました。

オーリングで大丈夫そうだったけど、
だんなさんが実際に玄米を食べてみてだめだったら
わたしだけでも食べようっと♪
[PR]
by sorairobook | 2006-04-20 23:26 | おいしいもの・レシピ