空色の本

foochan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:音楽( 16 )

ピアノのコード

はじめよう!ピアノでコード弾き
野村 美樹子 坂本 剛毅 / リットーミュージック




最近、急にピアノが気になりだして、
しまってあったキーボードを出して、
ずっと昔の記憶を呼び覚ましながら、
鍵盤をぽんぽん押してみています。

両手を同時に使ってみると
脳が、くくっと言いながら動いていくのを感じます。
(使ってなかったところが動き出したのだろうか。。。(^。^;)

ピアノ教室は12歳でやめてしまったので、
大した曲も弾けず、もっと自由に弾けたらどんなに楽しいだろう。。。
と想像だけはふくらんでみたり。。。

ずっと前、ギター教室にだんなさんが行っていたとき、
コードを覚えて、色んな曲の伴奏を弾けるようになったのを見て、
「わたしもコードが覚えられたら、伴奏できるのかな。。。」とか
ふと思ったことを思い出しました。

この本は、まだ読み始めたばかりですが、
今だから理解できるんだろうな。。。と思いながら読んでいます。

小学生の頃のわたしは、とにかく楽譜を見るのがきゅうくつで、
先生がとなりでお手本を弾いているのを観て、
感覚的に手の動きを覚えて演奏する。。。
といった感じで、ほとんど鍵盤を見つめていた風景も
ふと思い出しました。

この本は、「楽譜を見て弾く」と言うよりは、
『コードを覚えて、自分で演奏できるようになる』というのが目的なので、
とても自分に向いているなぁと思ったり。。。

数秘的にも、わたしは
『創造する力』
をポジティブに使ってあげるといいらしいし。。。

自分の中から流れ出てくる気持ちのよい響きのような感覚を
外へ出す方法のひとつとなってくれたらいいなと思っています♪
[PR]
by sorairobook | 2006-05-31 16:00 | 音楽

星空コンサート

大フィル&指揮者・大植英次さんの『星空コンサート』に行ってきました♪

これは、定期公演の中に入っていたチラシを見て、
急に行くことに決めたので、本当に最近は日々コンサート三昧です。

それにしても、入園料500円だけで、大フィルが聴けるなんて。。。
やっぱり、お客さんの数は予想3000人のところ、はるかに超えていたようです。

くもりで星空は見えなかったのですが、
念願の大植さん&大フィルのジュピター/ホルストが聴けたので、
もう大大大満足です♪

芝生の上で、音楽を聴くのも開放感があって、気持ちよかったです♬

座った場所は、コンサートマスター側の後ろのスペースだったので、
大植さんの指揮を一度オーケストラ側の目線で見てみたいという希望も叶えられて
それもかなり満足でした。

大植さんの指揮を見ていると、演奏する側も、
わくわくと楽しくなってくるのではないのだろうか。。。と感じました。
何かお腹からエネルギーが湧いてきて、元気になっていく感じです。

大植さんが考えたのかはわかりませんが、このコンサートは子どもOKだったので、
盛り上げるための仕込が、たくさんありました。

お客さん全員と楽しもう!といった感じの空気で、アンコールでは
指揮を全員の手拍子といっしょにやったり、
最後は、後ろに『祭』って文字のハッピ姿で、両手で盆踊りみたいな指揮をしてたり。。。

ふつうに指揮をしている姿も、かっこいいのだけれど
こういうところもいいなぁ。。。と、さらにファンになりました。

テレビカメラが来てたので、いつか放送するのだろうか。。。
[PR]
by sorairobook | 2006-05-01 18:59 | 音楽

中島みゆきさん・夜会『24時着00時発』

夜会 VOL.13 24時着 0時発
/ ヤマハミュージックコミュニケーションズ





前回は、劇場の前から2列目の席。
「おぉ・・・!!動きが若い。。。」と思いながら観ていたのを思い出します。

今回は、真ん中あたり。
劇場は、高さがあったのでとても広く感じました。

ストーリーは、2004年1月にも行っているので、2回目ということで、
結構覚えていたのもあって、わかりやすかったのですが、
前とは変わっているシーンもありました。

ネタバレは、下のMore。。。に書くとして、
感想は、「やっぱり、若い。。。」

いったい中島みゆきさんは何歳なんだろう。。。と思いながら観ていました。

声の響きは、パワーがあって引き込まれていく感じがすごいです。

舞台の動きや変化は、「うわ~!小さな劇団にはできない。。。」というもので、
下にはミュージシャンがいて生演奏。

夜会は、お芝居ではなくて、コンサートでもない。言葉の実験劇場らしい。

言葉をイメージとして受け取っていくものだとすると、
自分が今までどんな経験をしているのかによって
変わってくるものなんだろうなぁ。。。と感じました。

More。。。夜会ネタバレ感想
[PR]
by sorairobook | 2006-04-30 22:13 | 音楽

大植さん

指揮者の大植英次さんのサイン&トーク会に行ってきました♪
b0048133_2382113.jpg

曲づくりの裏話なども聴けたり、大植さんの個人的な気持ちを
直に聞けたので、とてもよかったです。

そして、サインをもらって、握手をしたり、いっしょに写真を撮ってもらったり。。。
あぁぁ。。。なんてミーハーなと思いながら、やってしまいました(^。^;)

このときに、サインをしている間、少しだけお話もできました。
まっすぐ目を見て話される方で、人を信頼しているのだなぁと感じて、
ずっと前にNHKの番組で言っていた彼の言葉をふと思い出しました。

そのとき、インタビューをしていた人が、
「もし、指揮者にならなかったら、他にどんな夢がありますか?」
というような質問をして、その答えに大植さんは、
「平和です」
と答えられていたと思います。

そのときも、まっすぐな目をしていて
何か光を感じられて、あぁ、きれいな人だなぁと感じました。

平和と信頼のカラーは、ペールブルー。空の色。大好きな色です♪

お話できたとき、ちょっとお願いもしてきたので、それを叶えてもらえたら
ラッキーだなぁと思っています♪

マーラー:交響曲第6番
大植英次 大阪フィルハーモニー交響楽団 マーラー / フォンテック

ブルックナー:交響曲第8番
大植英次 大阪フィルハーモニー交響楽団 ブルックナー / フォンテック

ショスタコーヴィチ:交響曲第7番
大植英次 大阪フィルハーモニー交響楽団 ショスタコーヴィチ / フォンテック
[PR]
by sorairobook | 2005-12-14 22:36 | 音楽

エンヤ『アマランタイン』

アマランタイン
エンヤ / ワーナーミュージック・ジャパン

今朝、目覚ましテレビを見ていたら、エンヤが歌っていました。

下に歌詞の日本語訳が出ていたのを見ながら聴くと、
深く心に響き、世界が美しく広がっていき、
とても幸福な時間になりました。

この感覚は歌を思い出すと戻ってくるので、
できれば、DVDを手に入れたいくらいです。
あ、でも日本語訳がわからない(^。^;)

愛について、心に向けて真っ直ぐ歌う姿は、本当に美しいなぁと感じました。
そして、優しく心を開いて、満たしてくれるような歌だなぁと感じました。

そういえば、日本語訳も上手だったのかもしれないです。

上のアマゾンのサイトは、この曲を試聴できるみたいです♪

P.S.では、しばらく旅に出かけます。旅先で、このCDを手に入れようかなと思っています♪
   色んな美しいものに出逢える旅になりそうな予感です。
[PR]
by sorairobook | 2005-12-01 23:18 | 音楽

大フィル

大植英次さんという指揮者さんの大ファンで、
きのう、定期演奏会に行ってきた。

でも、今回は行く前から何だか乗り気ではない、
いつものうれしい気持ちが湧いてこない変な気持ちで家を出た。

わたしは人を雰囲気で見るのだけど、
登場してきたときに「あれ?」と思った。
何だかいつもの大植さんではない感じがした。

何か静かだなぁと感じた。
光が中心からパアっと広がっていくような明るい感じの人だなと
思っていたので、今回の演奏に合わせているのかなと思った。

今回は、マーラー:交響曲 第3番 ニ短調
ものすごく個性的な曲だった。

どの楽章も、音の流れに予想ができず、
こっちへ行ったと思ったら、あっちへ行った。
ここから来るか。あ、消えた。みたいな
わたしには変わってるなぁと感じられる曲だった。

途中で、女性の独唱と、少年少女と大人の合唱が入るのだけど、
何だか、その登場もびっくりさせられるような感じだった。
女性の独唱は、ずっと聴いていたいくらい美しかった。

演奏は、静けさがものすごく響くのが印象に残った。
ホールの中で、小さな音色がサワサワと広がっていく感じだった。
天使の語ることを表現するというのが何となく伝わってきた。

このマーラーの曲の作りって、個性的な味のチーズみたいだなと感じた。
うわっと初めは拒否したくなるんだけれど、美味しい感じがゆっくり出てきて、
だんだんとクセになってしまうような。。。
わたしも、またCDでもいいから、同じのを聴いてみたいなと思う。
[PR]
by sorairobook | 2005-09-10 21:44 | 音楽

ギタうた■DEPAPEPE■デパペペ

ずっと音楽番組を観ていなかったのだけど、
たまたま、テレビをつけたら、『DEPAPEPE(デパペペ)』が出ていた。

二人の男の子たちが
アコースティックギターだけで歌なしで演奏する。

ギターが歌っているみたいなので、ギタうた?と紹介されていた。
それがチャート入りしたのは、とてもめずらしいことらしい。

そこで歌っていたのは、
Let’s Go!!!
DEPAPEPE TAICHI NAKAMURA / ソニーミュージックエンタテインメント
というのだったと思うのだけど、
ドライブしながら海と空を見たいな~という感じの曲だった。

聴いていると、だんだんと、元気で明るい気分になってくるので、
アルバムほしいなぁ。。。と思って買いに行ったら、
売り切れ(T_T)

なので、インディーズのころのだけを買いました。
Passion Of Gradation
DEPAPEPE / インディペンデントレーベル
これも、夕方聴くとなかなかよくて、情熱的な感じ。
あ~もっと色々聴いてみたい!という気分になりました。

予約した方がはやいかな。。。と思いつつ、手に入るまで
どきどきしながら、CD屋さんに行くのも楽しいから
ちょっと、しばらく待ってみよう♪

追記:後日、別のCD屋さんで手に入れました♪
    試聴できるサイトも見つけました。
    デパペペ←DISCOGRAPHYをクリック☆
[PR]
by sorairobook | 2005-06-18 20:21 | 音楽

大阪センチュリー交響楽団

大阪センチュリーのコンサートに,初めて行ってきました.

オーケストラで聴くポップスコンサートということで,
アニメソングなどの曲目プログラムから,
吹奏楽部の楽譜を勝手に想像して,向かいました.

が,まったく,想像とちがっていて,すごい迫力のある音楽でした.
当たり前ですが,さすがプロです.

個人的には,かなり思い出深い宮崎アニメの音楽に,ひたりました.
もう,ずっと,これだけやっていてほしい...と思うほど,よかった♪

本物の古いタイプライターをカタカタ鳴らす,ルロイ・アンダーソン『タイプライター』も
生で聴けたので,かなり感動した.

指揮者の方が,顔の丸い大阪のおもしろいおっちゃんという感じで,
司会進行役も勤めながら,コンサートは笑いが必ず間に入る
というものでした.(堀 俊輔さんという方,エッセイも書かれているらしい)

今まで,一回,大フィルのファミリーコンサートには行ったことがあったけど,
また,楽団によって,ちがうものなんだなぁと新しい発見があった.
[PR]
by sorairobook | 2005-03-29 21:50 | 音楽

中島みゆきさん

中島みゆき−歌姫

だんなさんは,中学生くらいの頃から,中島みゆきさんのファンで,
付き合い始めた頃は,部屋にポスターが貼ってあって驚いたりした.

そして,ドライブと言えば,「中島みゆきさんの曲」.

もう,知らない曲はないかもしれないというくらい聴いた.
そのため,出だしを聴くと,メロディを歌いだせる.
でも,わたしは,曲と名前がほとんど一致していない(^。^;)

『夜会』という存在も,聞いたことがなかったけど,
「なかなか手に入らないチケットが手に入った」と誘われ,
連れて行ってもらった.

これは,中島みゆきさんの歌とお芝居の混ざった舞台だ.
でも,手にはマイク.舞台下には,生バンド.
ミュージカルとも,ちょっとちがう.
この間は,前から2列目の席で,かなり感動した.

今度のコンサートのチケットも,もう,手に入れている.

だんなさんのブログに,中島みゆきさんのことが
ほんのちょっとしか紹介されていないのが,
わたしには,とても不思議だったりする.

中島みゆきさんの歌は,心がしずんだとき,
そっと寄り添い励ましてくれるようなものが好き.
どん底の闇の中にいても,まだ可能性を見出せそうな
月のような静かな光を感じられる人だなと思う.
[PR]
by sorairobook | 2005-01-24 23:10 | 音楽

ストレス解消

こういうタイトルのCDは,買わないようにしていた.
なんとなく,内容が想像できてしまうから...

けど,最近,音楽が気持ちよくて,買ってしまったものが一枚だけある.

ストレス解消 マインド・サプリメント・シリーズ
(↑試聴できるHPを見つけたので,載せておきます)

ある本屋で,CDが試聴できるコーナーがあって,
そこで,流れていたものが,どうしても気になって,
側によってみると,このCDだった.

でも,ちょっと,なぞなことがある.

これは,サブリミナルCDなのだ.

自然音や音楽などの高周波音域に,
1分間で約20万回のサブリミナル・メッセージを融合し,
意識と潜在意識の両方に働きかけるらしい.

7カ国語のサブリミナル・メッセージ入り.
(日・英・中・韓・仏・ポルトガル語・スペイン)

でも,いったいどんな言葉が入っているのかは,わからない.

ただ,聴くとほわっと気持ちがよくなる.

わたしは,音楽を聴いて気持ちがいいと思っているのだけど,
実は,自分の好きな心地いい言葉が入っているのかなとも思ったりした.

わたしは,うつうつっとしたときには,流すようにしている.
マイナス思考って,変なものを引き寄せてしまうし,
かぜひいたり,ダウンしやすかったりする.
心がすっきりすると,体もかるくなるので,不思議だ.

こういうCDは,あまり手間もかからず,便利だなと見直した.
[PR]
by sorairobook | 2005-01-14 17:02 | 音楽