空色の本

foochan.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

癒しの水

と,呼ばれる水を汲みに遠方まで行って来ました.

場所は,ないしょですが,胃腸にいいと言われる湧き水です.
水は,鉄分を多く含んでいるのか,ピーンとした味がしました.

b0048133_21332993.jpg


水汲み場の看板を写してみました.

そこには,
千古の恩恵に感謝し,家内一統の幸せと健康を祈念して...合掌.
祈りの真言とは『オンコロロ センダリ マトウギソワカ...』です(3回唱えて下さい)
と,書いてありました.

水を飲みながら,素直にやってみました.

b0048133_21413768.jpg


帰りにふと足元を見ると,ジーパンに
ハート型の水のしみができていました.

なんとなく,うれしかったので,写真を撮りました♪
[PR]
by sorairobook | 2005-03-30 21:47 | 癒し

大阪センチュリー交響楽団

大阪センチュリーのコンサートに,初めて行ってきました.

オーケストラで聴くポップスコンサートということで,
アニメソングなどの曲目プログラムから,
吹奏楽部の楽譜を勝手に想像して,向かいました.

が,まったく,想像とちがっていて,すごい迫力のある音楽でした.
当たり前ですが,さすがプロです.

個人的には,かなり思い出深い宮崎アニメの音楽に,ひたりました.
もう,ずっと,これだけやっていてほしい...と思うほど,よかった♪

本物の古いタイプライターをカタカタ鳴らす,ルロイ・アンダーソン『タイプライター』も
生で聴けたので,かなり感動した.

指揮者の方が,顔の丸い大阪のおもしろいおっちゃんという感じで,
司会進行役も勤めながら,コンサートは笑いが必ず間に入る
というものでした.(堀 俊輔さんという方,エッセイも書かれているらしい)

今まで,一回,大フィルのファミリーコンサートには行ったことがあったけど,
また,楽団によって,ちがうものなんだなぁと新しい発見があった.
[PR]
by sorairobook | 2005-03-29 21:50 | 音楽

一年に一回,神様が集まって会議する神社?

うちの弟は,出雲に住んでいる.

神無月○神有月の旧暦に当たる日に,
島根県の出雲大社に神さまが集まるという言い伝えがある.

でも,一年に一回,神様が集まって会議をする神社が,別の場所にあるという.
地元の人しか知らないという,なぞの神社を
弟くんから教えてもらった.

母は,たまたま,旧暦のその終わりの日があいていたので,
伯父と一緒に行ったらしい.

風が,竜巻上に,ごーごーと立ち上っていくのに,
目にゴミが入らないという体験をしたのだそう.

母は,「たぶん,帰っていかれるところだったのだろうね」と言う.

今回,出雲に行く予定ができたので,その神社に立ち寄ってもらった.

万九千神社(まくせじんじゃ)

b0048133_1842829.jpg



思いっきり,から~~~んとしていた.

お留守です...といった感じ.

一年に一回しか使わない,神さまの別荘みたいな神社だなと思った.
[PR]
by sorairobook | 2005-03-22 18:09 | 癒し

いくら石狩鮨(駅弁大会のおすし)

原料は,天然素材使用.
銀鮭,ズワイガニ,イクラが上にのっているおすし.

b0048133_17553818.jpg



新千歳空港名物弁当ならしい.

百貨店の駅弁大会の広告を見ると,
わたしは,海鮮物に目がいってしまう.

北海道まで行くことを考えると,大変だけど,
食べ物が,こっちまで来てくれるので,ありがたい.

だんなさんも,別のお弁当を買って,分けながら食べました.
(こちらは,富山の『ますのすし』というお弁当)

どこのが,おいしいのか,実際食べてみないとわからないけれど,
今回のは,大当たりでした♪おいしかったです.
[PR]
by sorairobook | 2005-03-21 18:03 | おいしいもの・レシピ

わたしの伯母の店は,いつも,たくさんの花が可愛らしく飾られている.

b0048133_1423684.jpg


実家の母も,たくさんの植物に囲まれて暮らしている.

母は,植物を育てるのが,とても上手だ.
何かしら,会話をしながら接している.
話しかけられて,植物も喜んでいるのが見ていてわかる.

繊細な声に耳を傾けることのできる人は,優しい.
そういう人は,心からたくさんの人に好かれ,いつも周りに人が集まる.
わたしも,日常から,そうであれたらいいなと思うけれど,
そうするには,心を開いて生きる勇気がいるのだろうと感じる.

人の心は,傷つきやすく,繊細だ.
鈍感に生きれば,傷つかなくて済む.
でも,鈍感だと,人を傷つけてもわからない.

それを知っていて,オープンな人は,強くて優しい.
今のわたしの課題は,ここにあると感じる.

植物は,人の心がわかっているのだろうと感じる.
心が弱っているときは,そっとふれて元気になるまで,近くにいてくれる.
[PR]
by sorairobook | 2005-03-19 14:16 | 癒し

心と体の旅

冬眠期間を終え,遠方へお仕事に行っていました.

数日間のことでしたが,あまりにもたくさんの経験をしたため,
まだ,消化できていない状態でもあります.

とりあえず,今回は,自分の心と体が深いところから癒されるための旅でした.

様々な過去のことが,一気にふきだしてきて,
あーーーーって,観ている状態がひたすら続いています.

これが,自分のものになったとき,おもしろい変化があるだろうなと感じています.

また,まとまったら,日記にも書いていこうと思います.

写真もいっぱい撮ったので,それも後々アップしていきたいな♪
[PR]
by sorairobook | 2005-03-16 12:05 | 癒し

ふと見つけた言葉

『やさしさは みんなにつうじる ことばだよ』

電車で,ぼ~っとしていると,こんな言葉が書かれた広告が目に入ってきた.

何でわかってくれないの!ではなくて,
色んな方法で,『伝えること』って,大事だなと感じた.

伝え方がわからないときは,色んな優しい言葉を見つけてきて,
どうやったら伝えられるか,色々工夫してみるのもいいかもと思った.
人に優しさを与えると,自分にも返ってくるって言うし,
いい流れだなと感じる.

これと,もうひとつ,最近,テレビの中で,いいことを聞いた.

『言葉=心のかたち』

だから,

『言葉遣い=心遣い』

なんだそう.

(NHK教育の『あいさつ』の公開授業より)

美しい言葉を使うことが,心を育てることにもなると言う.

最近は,美しい言葉って,テレビとかでも,あまり聞かない.
だから,耳にうるさくて,何だか疲れて見る気を無くしてしまったりする.

年配の人が,丁寧な言葉を使うのを聞くと,ほ~っと感心する.
教育してやるタイプのうるさい人は,そうは思わないけど,
自然と大事なことを語りかけてくれる人の話は,聞いていて心地がいい.

わたしも,自然ときれいなしゃべり方ができているといいなぁ...
[PR]
by sorairobook | 2005-03-05 00:39 | 言葉

*漢方*マイナスイオン*のお香

ちょっと変わったお香を見つけたので,買ってみた.

『マイナスイオンの出るお香』と『漢方の薬草の入ったお香』のセット.

b0048133_1791121.jpg



お香の入れ物のラベルにあったアドレスに行ってみた.

YouYouAng

まだ,2種類しか使ったことがないけど,このお香は優しい感じがした.

b0048133_17221368.jpg



これとは,関係ないのだけど,ずっと前,
テルミーという2本の筒の中で薬草を燃やした熱とお香のけむりを体に当てていくという
治療法に興味があって,ちょっとお勉強しに行ってたけど,
団体の空気が自分には向いてないなぁ...と感じて,今はやめてしまった.

でも,この治療法は,本当に気持ちよかった.
人にしてもらった後は,温泉のような,ぽかぽかした気持ちよさが持続した.

自然のエネルギーを使って,自分を癒す方法って,
体だけでなく,心にも満足感があったりするので不思議だ.
[PR]
by sorairobook | 2005-03-02 17:25 | 癒し