空色の本

foochan.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

京都・清水寺へ行ってきました♪

ここに来たのは、小学校の修学旅行以来です。
色々写真をアップしてみました♪
b0048133_2133921.jpg
b0048133_21335178.jpg


More。。。つづきの写真
[PR]
by sorairobook | 2005-11-27 21:44 | おでかけ

オーラソーマ・カラーヒーリング

b0048133_231652100.jpg
オーラソーマ―奇跡のカラーヒーリング

この本は、オーラソーマを生み出したヴィッキー・ウォールさんの自伝。

これは、何にもわからず直観だけでオーラソーマのスクールに
飛び込んだわたしにとって、基礎になっている本。

といっても、一回読んだきり、
ずっと長い間、本棚に置いているだけ、たまにパラパラと読むだけ。。。
といった感じになっていたので、
もう一度、じっくり初めから読み直してみようと
最近、時間があるときは、こればかり読んでいる。

で、「これは、生きている本だ」と感じました。

そして、オーラソーマのいう
「その人に、受け入れる準備ができたときに変化が起こる」という言葉の意味が、
今だから、よりリアルに感じられました。

昔この本を読んだとき、わたしは、
まだ過去のトラウマや心の傷を癒すことに必死で、
何か目の前に幕があったような気がします。

今は、それが開かれて、そのままの言葉が
わたしの中へ入ってくるのを感じられました。

『ありのままを受け入れること』

このシンプルで、そして困難なわたしの課題は、
少しは乗り越えられているのだということを実感させてもらえて、
今、この本を読んでいて、とてもうれしい気持ちになっています。

自分の思い込みの幕を取ってみれば、
そこには、本当にふれたかったものがある。

そういうことを、この本は、
おしえてくれているような感覚がありました。

これは、オーラソーマボトルを使ったときにも感じられる経験で、
本だけど、生きているボトルと同じだなぁと感じました。

また、何年後にか、読み直してみたいなぁと楽しみにしています♪

○写真 B104 Archangel Chamael
オーラソーマ無料リーディング←わたし個人とは関係ありませんが、とても詳しいサイトです
[PR]
by sorairobook | 2005-11-23 23:27 | AURA-SOMA

もう無くなるのですね。。。

b0048133_17384567.jpg
b0048133_17393229.jpg
b0048133_17405964.jpg

b0048133_17422873.jpg
b0048133_17424795.jpg

阪急のりばの写真です。

古い感じが何とも言えなく好きな場所だったのですが、
新しく建て替えるようで、ここはわたしの生まれた土地ではないのですが、
何だかさみしいなぁと感じてしまいます。

こういう便利さばかり追求していない手の込んだ物は、
見ているだけで人間の技術ってすごいなぁとか感心させられるのですが、
自分には無いものだから、憧れるのかなぁとも思ったりします。

職人さんの伝達される力って、どんな物づくりでも、
なつかしさのような心地よさを感じられて、やっぱりいいですね。。。
[PR]
by sorairobook | 2005-11-21 17:51 | いろんなもの・こと

和風っぽい色

b0048133_2250422.jpg

これはウォーターマンのスケルトン万年筆を洗っているところ。

前は、カートリッジ式のインク『サウスシーブルー』『フロリダブルー』というのを
使っていたのですが、だんなさんからボトルに入ったインクを吸い上げて使う
『コンバーター』というのを買ってもらって、ボトルインクに変えることにしました。

で、新しく選んだ色は、『ハバナ』という茶色のボトルインク。
b0048133_2324656.jpg

最近、茶色のものや和の感じのするものが
かなり好みで、こんな色のインクもあったんだなぁと感心しました。

年賀状はこれで色々メッセージなど書き込もうと、
今からわくわくしています♪

○ここのサイトは、わたし個人とは何も関係ありませんが、
 インク色の参考になりそうだったので、ご紹介。ペンハウス
[PR]
by sorairobook | 2005-11-20 23:07 | いろんなもの・こと

フライパンで作る『抹茶あんパン』

あんまんや肉まんの蒸し方で、
抹茶を入れて、抹茶あんパンを作りました♪

b0048133_0124278.jpg

b0048133_015252.jpg

おいしかったです(*'-'*)

以前の記事よりレシピ『フライパンであんまん作り
最初の粉に、抹茶を混ぜるだけで、後はいっしょです。

以前の記事レシピ『フライパンで、パン作り

フライパンでできる世界のパン―2004年9月~10月
秋山 千文 / 日本放送出版協会

フライパンでおうちパンを焼こう!
―基本のパン生地で焼けるバリエが全59品!

祐成 二葉 / 主婦の友社
[PR]
by sorairobook | 2005-11-16 00:23 | おいしいもの・レシピ

天空の城ラピュタみたいでした

またまた、キャラメルのお芝居『クロノス』に行ってきました♪
b0048133_17205689.jpg

一回目はラッキーなことがあり、
ご招待で行けたのですが、今回は実費です。
初日に観たとき、こんなにいいものをタダで観るのは申し訳なく
御代を置いていこうかと思うくらいでした。

観終わってから、じわじわ来て泣いている人や
観ている最中で、しくしく泣いている人や
個人的な経験から皆泣く場所がちがうのだろうなと思いましたが、
わたしは前者です。

観終わってから、家に帰ってから、じわじわ来ました。

きのうは、これもラッキーなことに前から2番目でした。
で、近くだったので色んなことがよく観えました。

その中でも、主役の菅野さん(男性)の目が、
もうずっと観ていたいと思うくらい
ものすごくきれいだったのが印象的でした。

菅野さんは、近所で見かけそうな素朴な男性。
映画やテレビで主役をするような人だと
何だか遠い感じがするのですが、
この人は、学生時代クラスに一人はいたような気のする
ふつうな空気をもっている人です。

そして、このお芝居の中の男性も、そういう感じです。

大人になっても、少年のように
まっすぐで、おどろくほど純粋に生きている。

キャラメルボックスという劇団も、そういった空気を持っていて、
貴重だなぁと感じます。

やはり、ここの脚本家の成井豊さんが
『天空の城ラピュタ』好きというだけあって、
スピード感や純粋さは、あの感じです。

この作品は、キャラメルの中でも代表作になるのでは!?と思うくらい
かなりのお気に入りになりました♪

キャラメルボックス『クロノス』サイト

以前の記事

天空の城ラピュタ
トトロも好きだけど、やっぱりラピュタも好きです♪
[PR]
by sorairobook | 2005-11-13 17:18 | キャラメルボックス

テーゼ

これは、ずっと前に唄のワークショップで経験したことなんですが。。。

テーゼは、とても清らかな祈りのようなエネルギーを持っている唄で、
短いフレーズをひたすらくり返すことで、
安らいだ状態になっていくというものでした。

ティーチャーがうたっているのを聴いて、
覚えた人から、唄の輪の中に入っていきます。

休みたい人は休んで、入りたい人は入って
自由にその唄の流れの中にいます。

わたしの個人的な経験だと、
不思議と自分の内側が浄化されていって、
目に見える世界もきらきらと輝いてきて
すっきりしました。

これは、フィンドフォーンのある場所では、
日常的に行われているようで、
毎日仕事に行く前、行った後などの習慣なんだそうです。

自分を清らかな状態にしてから仕事に行くなんて、
とても穏やかですてきなことだなぁと感じました。

で、そのCDが出ていると聞いていたのを今日思い出し、
さっき、そのサイトへ行き試聴をしてみました。

あぁ、これだ。。。と、その音の流れへ入っていく感覚を思い出し、
さっそく、注文してしまいました♪来るのがとても楽しみです♬
[PR]
by sorairobook | 2005-11-11 23:29 | 癒し

キャラメルボックス『クロノス』

キャラメルボックス『クロノス』を観に行ってきました。
b0048133_16391695.jpg

『クロノス』という言葉の響きが、個人的にはものすごく好きで、
何だかいつも以上にわくわくして観に行きました。

『クロノス』は、たぶんギリシャ神話の
時間をつかさどる神さまの名前だったと思います。

このお芝居は、期待以上の作品でした。

わたしは何かを観て泣くことは、ほとんどない人なのですが、
「これは、なんて話なんだ。。。」と
主人公の男性の生き方を観ていると、
胸の奥の方から、どうしようもなく泣けてきました。

この男性は、弱々しくて、孤独で、言葉で表現することに自信が無い。
でもまっすぐに純粋で、長い間片想いでしかなかった女性を助けるために
その人を想う気持ちだけで、ものすごい勢いで前へ進んでいく。。。

これって、見返りを求めない無償の愛だなぁと感じました。

これは、原作『クロノス・ジョウンターの伝説』から
映画にも同時になっているものですが、
正直な話、映画はアレ?こんな話なの?という感じだったので、
このお芝居は、全く別のものとして観に行く方がいいような気がします。

原作とも少し変えてあるところもあるらしいので、
本は、これから読もうと思っているので、それも楽しみだったりします。

このお芝居は、本当に観ないともったいないです。

近く、または神戸へ遊びに行かれる方は、
ふらっと立ち寄って観るといいかなと思います。

いい思い出になりそう。。。♪

この公演日は、こちらです↓
 神戸公演 11/9(水)-11/20(日)新神戸オリエンタル劇場
 東京公演 11/24(木)-12/25(日)サンシャイン劇場
 横浜公演 1/12(木)-1/15(日)横浜BLITZ

追記:クロノスのチラシに書いてある
    成井豊さんの言葉(詩?)もパワフルで、
    観終わってからなるほど~と思いました。
    
    こちらのページの下に載ってますので、気になる方は読んでみてください。
    キャラメルボックス『クロノス』
[PR]
by sorairobook | 2005-11-10 16:49 | キャラメルボックス

願いごと

宝地図で夢をかなえるという以前書いた記事の追記です。

わたしにとって、『願いごと』や『夢』というのは、
物を得ることで満足するようなことよりも、
もっと内面的なものが大きかったりする。

小さな世界では、『自然なわたしで生きる』という願いごと。
大きな世界では、『平和』という願いごと。

自然なわたしで生きることを
もし止めているものがあるとすると、それは自分。

この自分は、過去生きてきた経験の中から
思い込みで作り上げたもので、自然なわたしを閉じ込める
囲いになってしまったりする。

この「こうしないといけない」、「これが私なんだ」と思い込んでいる自分を
少しずつ手放していく必要があるなぁと感じる。

小さなことからコツコツやっていけば、
ちりも積もれば山となるというので、宝地図に少しずつ書いたり変えたり
しながらやっていこうと思う。

思い込みが無くなるほど、自分の内にある平和な感覚が戻ってくる。

内と外はつながっていて、
内にあるものが、現実化していくのだから、
これは、本当の意味で世の中を平和にすることになるような気がする。

まずは、自分から平和な感覚に生きてみようと思う。
[PR]
by sorairobook | 2005-11-09 12:23 | 癒し

楽々おそうじ♪重曹本

色んな本が出ていたので、どれにしようか迷っていたのですが、
これに決めました。
重曹徹底使いこなしアイデア212
重曹暮らし研究会 / 双葉社




うちのだんなさんは、こういう情報を
どこからともなく集めてくる隠れ主夫なのですが、
「重曹とお酢を使うと、もっとよごれが取れる」と教えてもらい、
お酢の使い方が、この本には色々書いてあったので、これを選びました。

さっそく、台所の流しのゴムの隙間に入った汚れにやってみました。

○おそうじ方法○

台所の流しのよごれに、重曹を適量、ぱらぱらとかける。
その上から、お酢をしゅっとかけると、
シュワシュワ言うので、しばらく置いておきます。

で、流しのゴムの隙間は、使い古した歯ブラシを使ってこすると、
きれいになりました。

あたためたお酢でと、本には書いてあったのですが、
めんどうだったので、そのまま使いました。


この本を読んでみると、重曹を使ってそうじをしてはいけない場所が
あることがわかりました。

○未加工の木製品(まな板とか)
○アルミのもの

以前、アルミホイルでシルバーの汚れ落としをしたことがあったのですが、
アルミに汚れが移動してしまったので、黒く付着してしまうんだろうなと思います。

で、これからやってみたいなと思ったのは、
少量の重曹を洗濯機に入れてから、
普通に洗濯するようにすると、
少しずつ洗濯槽のカビがはがれて、付着防止にもなるそうです。

におい取りにもなったりするそうで、
つかってはいけないとかいう本に載っていた脱臭系のものよりも
安全そうだなぁと思いました。

これから、また、色々やってみようと思います♪
[PR]
by sorairobook | 2005-11-07 23:14 | おそうじ