空色の本

foochan.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

命のスープ

いのちの食卓
辰巳 芳子/マガジンハウス

この間NHKで、辰巳さんの料理をする姿や日常を記録した
番組の再放送を観て感動しました。

四季に合わせての過ごし方など、とても憧れます。

作るお料理は、生き生きと清んでいて本当に美味しそうだし、
語る言葉には真実をついて来るような深みがあって、心に響きました。

事象に習うこと」が大事だと、テレビの中で辰巳さんはおっしゃってました。

その言葉が、とても心にのこっているのですが、
こうしたら。。。こうなる。

原因と結果。

料理を通して、物事の真理にふれさせてくれるような
知恵を伝えてくれている方だなぁと感じました。

辰巳芳子さんのことが書いてあるサイトを見つけました
↑気になったのでメモ代わりに載せてみました。
[PR]
by sorairobook | 2007-04-13 20:52 | おいしいもの・レシピ

きれいな字

簡単ルールできれいな字を書く
/ 日本放送出版協会

↑この本をたまたま本屋さんで見かけて、番組が始まる直前だったので
「これは!」と思って始めることにしました。

5分間ずつの『まる得マガジン』でやっているのですが、
ビデオに録画しつつ、ふむふむと実践してみています。

今まで色んな字の書き方の本にチャレンジしてみたのですが、
この方法は、本当にわかりやすくて
(本を読むだけだと、あまりよくわからないですが。。。)
おぉ!と自分で満足のいく字が急に書けたりして驚いています。
(何個かにひとつだったりですが。。。)

とくに、左払いや右払い、はねが苦手だったので、
これが少しうまく書けるようになっただけでも、かなりうれしい!

字をきれいに書くコツってあるんだなぁ。。。と感動しました。

小学生の頃、硬筆や書道教室とか通っていたのですが、
ただ、ひたすら先生のお手本をマネして、
だめなところを手直しされたり。。。そのくりかえしで
あんまり上達しませんでした。

まぁ、子どもだったし、人の話を聞く力もあまりなかっただろうから
先生がそのときに説明してくれていたのに、
聞いていなかっただけかもしれませんが。。。

この歳で何かを学ぶって、自分の意志で知ろうとするから、
吸収するのも速いのかなぁって思います。

あと、やっぱり本からの文字だけではなくて、
実際に書いているところを映像で見ると
理解するスピードを上げてくれるなぁって思います。

とりあえず今はコツをつかんで、自分の気に入った字が
いつか自由に書ける日が来れば良いなぁ。。。と練習中です。

NHKまる得マガジン・簡単ルールできれいな字を書く
[PR]
by sorairobook | 2007-04-05 20:29 | いろんなもの・こと

IS

IS 8―男でも女でもない性 (8)
六花 チヨ/講談社

一巻からずっと読んでいるコミックなのですが。。。
この世の中のことで、わかっていないことって
たぶん、まだまだ山ほどあるのだろうなぁって感じました。

確立として2000人に一人といわれるISの人たち。
男でも女でもない性。

性同一性障害については、ずっと前、金八先生でやっていたので、
少しは知っていたのですが、ISは全くちがうものなのだとわかりました。

難しい専門書とかでは、たぶん、わからなかっただろうと思うのですが、
このコミックのおかげで、わたしでも少しずつわかってきました。

男の人、女の人、店員さん、子ども。。。とか、
何か単純なワクにはめて、機械的に人を見がちな気がするのですが、
すべては、別々の「人間として見る」。。。ってことは、
ひとりひとりを大切に想うことなのかもしれないなぁと感じました。

この作家さんの描く登場人物を通して、
心の芯から来るようなあたたかさや深い優しさで、
人って見た目とかではないなぁって自然と受け入れられていきます。

あたたかく泣けてくるシーンがたくさんありました。

いろんなことに気づかされ、考えさせられる作品です。
[PR]
by sorairobook | 2007-04-02 16:55 |